「ライターってどうやってなるんだろう?」

ライターに興味がある方はこんな風に思っているかもしれません。

在宅でできる仕事の一つとして、人気なライター

自宅で仕事ができたり、気分転換にカフェで作業をしたり…パソコン一つで身軽に働けます。

自由度の高さから憧れる方がとても多いです。

ライターになるのに、必要な資格はありません。
年齢、学歴、職歴などは一切関係なく、未経験の方でもライターになれるんですよ。

ライターは「会社勤め」「副業」「フリーランス」の働き方が一般的です。

ただ、会社勤めの募集は経験者が優遇されるため、未経験で入社するのは難しめ
フリーランスでしっかりと収入を得るには、実績や人脈などが必要です。

これからライターを目指す方は、まずは「副業」から始めてみるのがおススメですよ。

今回は、これからライターを目指す方に向けて、ライターの仕事について徹底解説。

  • ライターのなり方
  • ライターの役割
  • 副業で得られる収入・仕事内容
  • ライターが使用するツール
  • ライターにあると良いスキル
  • 稼げるライターになるための方法

をお伝えいたします。

ライターを始めるかお悩みの方は、ぜひ最後までお付き合いくださいね

ライターになるには?まずはクラウドソーシングに登録


未経験でライターを目指す方やコネクションがない方は、まずはクラウドソーシングに登録してみましょう

クラウドソーシングとは、企業や個人事業主がWEBを介して業務を発注するサービス

インターネット上で仕事の受注者を、プロ・アマ問わず募集していますよ

なかでもクラウドワークスやランサーズなどが有名で、副業でお仕事を受注される方はこういったサービスを活用しています。

会員登録は無料なので、どんなお仕事が募集されているか気軽にチェックできますよ。

ただ、未経験の方は実績や自己アピールできるものがなければ、お仕事の獲得が難しいのが現状…。

もし、異業種や未経験からライターを目指すなら、『未経験者向けのWEBスクール』に通い、最短で実績を作るのがおススメです

いま人気がもっとも高いWEBスクールといえば、女性向けにレッスンを行っているSHElkesです。

未経験者でも、お仕事を受注できるようになるまでのサポート体制が整っています◎

また、SHElikesでは、多くの女性がWEB業界で活躍できるように、無料体験レッスンを開催
興味がある方は、ぜひ参加してみてくださいね。

ライターの役割 ジャンルによって担当する業務はさまざま


ひとくちにライターと言っても、

  • WEBライター
  • 編集ライター
  • シナリオライター
  • コピーライター
  • ルポライター

など、さまざまな役割があります。

一つひとつ説明していきますね。

WEBライター


WEBサイト上の文章を作成します。
企業のオウンドメディアに掲載するコラム記事やECサイト上の商品の説明など、WEB上の文章を担当。
さまざまなジャンルの文章を書くことができれば、活躍できる幅が広がりますよ。

編集ライター

企画や編集、管理を行う仕事。
WEB媒体に限らず、紙媒体の雑誌や書籍を担当することもあります。
テーマに沿って企画を立案したり、段取りを組んでライターやデザイナーへ依頼をしたり…入稿までを管理。
編集ライターの仕事は多岐に渡ります。

シナリオライター

映画やテレビドラマの映像作品を担当。
台本や脚本などのシナリオを作成します。
以前は、映画やテレビ、アニメ、演劇業界が主に活躍の場となっていました。
ですが、最近では個人で動画配信を行う方が増えている影響で、動画のシナリオ作成の募集も増えています。

コピーライター

広告や商品の宣伝に使用される文章を作成します。
新聞、雑誌、テレビ、ポスター、商品パッケージ、企業のキャッチコピーなど、担当するジャンルは幅広いです。
商品やサービスの魅力を言葉で伝えていきます。

ルポライター

事件や社会問題などの題材を扱い、取材で得た情報を基に記事にまとめる仕事。
ルポライターは主観やアドバイスを含まないで、あくまでも事実を伝えることを求められます。

このようにライターといってもたくさんの種類があり、それぞれ仕事内容が異なります。

これからライターを目指す方におススメなのが、WEBライターのお仕事です

数年前までは紙媒体の出版物が多く、書籍や雑誌、フリーペーパーなどを担当するライターが募集されていました。

ですが、最近はWEBに移行していて、ほとんどの会社がオウンドメディアを運営

企業の集客や認知度向上、セールスなどを行うために、記事作成を外注で行う会社がほとんどです。

また、感染症の影響で、ECサイトやWEBメディアを利用する方が増えています。

お家時間が長くなり、自宅にいながら商品を購入できたり、情報を入手できたりする手段として、WEBを利用する方が急増中。

そのため、企業はWEB上の文章を作成できるスキルを求めているんですよ

外注のお仕事はプロアマ関係なく募集されているので、ライターとして有名でなくても獲得できる物が多いです。

WEBライターは実力がつけば、お仕事が無くなることはありませんよ

ここからはWEBライターについて詳しく説明していきます。

WEBライターの収入・仕事内容

WEBライターの収入:高単価ライターになれば副業で月10万円以上稼げる◎

WEBライターは、1文字の単価を文字数に換算して報酬を得るのが一般的です

初心者だと1文字=0.1~0.4円という案件がほとんど

たとえば、文字単価0.4円で作文用紙400文字1枚を書き上げた場合、稼げる金額は160円です。

2,000文字書いても、報酬は800円。

ライターで収入を得るには、文字単価を上げることがとても重要なんですよ。


経験を積んでいる方や単価の高い案件を受注できる方は、1文字1円以上がベースです。

1文字5円以上だと、2,000文字書けば10,000円稼げます。

さらに、一日で6,000文字かけば30,000円になりますね

単価の高い仕事は、「SEO対策」「ワードプレス入稿」などの、専門的な知識を持っている方に任されるケースがほとんどです

SEOとは、検索エンジンで上位表示させるための手法。

ワードプレス入稿とは、記事入稿システムを使って、WEB上に記事をアップできることです。

依頼主の負担を減らせたり、手間を省けたり…相手にとって有益な記事を書けると、単価の高い案件を獲得できます


「SEOとか全く分からない…高額案件は諦めるしかないのかな…」
「なんかすごい難しそう…」

という方は、未経験者向けWEBスクールで基礎を身に着けるのがおススメ。


女性人気の高いSHElikesは、さまざまなコースを用意しており、レッスンを組み合わせることが可能です。

自分の知りたい知識をつまみぐいしながら学べます。

もし、どんなコースがあるか見てみたいという方は、無料体験コースをまずは受けてみてください。

キャリアカウンセラーに相談ができるので、自分にあったコースがどれか相談できますよ。

WEBライターの副業でのお仕事内容:クライアントから任された内容で執筆

  • 記事の構成を作成
  • 指定された文字数で記事を作成
  • 画像を用意
  • 期日までに提出
  • 添削された記事を修正
  • 入稿システムを使用し記事を入稿


こちらはWEBライターの仕事内容の一例です。

また、案件によってはインタビューを行い、記事にするお仕事もあります。

WEBライターは、クライアントから任された内容やテーマに合わせて記事を作成

必要最低文字数や最大文字数が決められているのが一般的で、数百文字から数千文字など案件によって異なります。

また、作成する記事の内容は、自分の経験や体験を提供するものや、専門知識を必要とするものなどさまざま。

クラウドソーシングには、たくさんの案件があるので、自分のレベルにあったお仕事から始められますよ。

ただ、専門知識を必要とする記事は、執筆できる方が限られるため高単価な場合が多いです。

たとえば、

  • 銀行に勤めた経験がありお金関係に詳しい
  • 個人で株の投資をしていて運用に詳しい
  • 販売員をずっとしていてお洋服に詳しいい

など、今までの経験をご自身の強みにできます。

ライターが未経験でも、何かに精通しているものがあれば、他の人との差別化ができて◎

稼げるライターを目指せますよ。

WEBライターに必要なツール

「ライターの仕事を始めたいけど、スマホでもできるかな?」
「パソコンとタブレットだと、どっちがいいの?」
これからライターを目指す方は、何が必要か気になりますね。

  • パソコン
  • Googleドキュメント
  • ワードチャットワーク

ライターの仕事では、こちらの4つのツールを使います。


ライターは文章を作成するため、スマホでもできるイメージがありますが、パソコンがおススメ。

記事を提出するときに、Googleドキュメントやワードソフトなど、ファイルの保存方法が指定されます。

携帯でも作業はできますが、編集がしにくかったり文字が入力しづらかったり…。

本来はパソコン向けに作られているソフトなので、スマホでは作業効率がイマイチです

また、タブレットでも記事作成は可能ですが、スマホの画面が大きくなったようなもの。

調べ物をしながら記事を書くことの多いライター業務では、パソコンが一番作業がしやすいですよ。


Googleドキュメントは、Googleアカウントがあれば◎
こちらは無料で使用できます。

ワードを使用するには、オフィスソフトを購入しパソコンに設定が必要です。

「Word形式で提出」と記載している案件に応募するときは、事前に購入しておきましょう。

依頼主とのやりとりで必要なのが、チャットワークというビジネスチャット。

メールアドレスを持っていればすぐにアカウントを作成できて、無料で使用できます。

このように、案件はファイルの保存方法とコミュニケーションツールを指定されているので、事前に準備しておくとスムーズですよ。

WEBライターにあると良いスキル

  • 基礎的なパソコンスキル
  • 日本語を正しく使える文章力
  • 専門的な知識

こちらはライターにあると良いスキルの一部です。

それぞれ説明していきます。

基礎的なパソコンスキル

ライターには、基礎的なパソコン操作が必要です。

記事を作成したり、コミュニケーションツールを使用して依頼主とやりとりしたり。

ときにはズームを使用してミーティングをすることもあります。

使い方や設定方法などは、ネット検索をすればでてくるので安心してください。

どれも難しい操作はなく、使用したことのない方でもすぐに使いこなせますよ

日本語を正しく使える文章力

ライターは文章を扱うお仕事。

日本語を正しく使えるかどうかは、記事の読みやすさや読者への印象などから、とても重要です。

なかには、「正しい日本語を使える方」という条件を設定して募集を出す企業もあるんですよ。

汚い日本語やおかしな日本語をアップしてしまえば、依頼主のイメージダウンに繋がってしまう場合も…

質の悪い記事とみなされ、お仕事を再度依頼してもらうことは難しいです

記事を作成するうえで、正しい日本語を意識するようにしましょう。

専門的な知識

ライターはただ文章を書くだけでなく、いろいろな専門的な知識が必要とされます。

たとえば

  • 記事の構成が作れる
  • SEO対策ができる
  • 読者に読まれる記事を作れる
  • マーケティングができる

など、多岐に渡ります。


とくに単価の高い案件は、こういった専門的な知識やスキルが求められているものがほとんど

なので、未経験の方でも専門知識やスキルを身に着けておけば、すぐに単価アップが狙えるということです

なかには専門知識の身に着け方が分からず、「未経験だし、受注しやすい単価が低いものを数こなしていく」という方もいます。

ですが、数か月も数百円の報酬のために、時間や労力をかけるのは、心が折れてしまいます。


「最短で稼げるようになりたい…」
「本業と並行してライターをしたいから、時間は大事」
「自力では稼げるようになれるイメージが沸かない…」

という方は、未経験者向けのWEBスクールで知識やスキルを身に着けるのが◎。

女性支持率がもっとも高いWEBスクールは、SHElikesです。

SHElikesは、WEB業界で必要とされるさまざまなスキルや知識を身に着けることができます

ライターコースはもちろん、デザインや副業フリーランスコースなどもあるんですよ。

『ライターに必要とされるスキル』『記事が公開されるまでの流れ』『読みやすい文書の基本』など、第一線で活躍しているライターのレッスンを受講できます。

SHELikesでは無料体験レッスンがあるので、まずはお試し感覚で受けてみるのもおススメですよ。

最短で稼げるライターになるには「WEB業界のプロ」から学ぶのが近道


ここまで、ライターの仕事内容・収入・必要スキル・用意するツールなどをご紹介いたしました。

ライターのお仕事は、未経験の方でも始めることができます。

ただ、稼げるライターになるにはさまざまな知識やスキルが必要です。

でも、一人で勉強をして、正しい情報だけを取捨選択するのはとても大変

ネット上には情報があふれていて、どれが正しくて間違っているのか、未経験の方はとくにそこの判断が難しいです。

また、WEB業界は情報の変化がとても早く、知識やスキルをひとりで身に着けていくのは、アンテナを常に張れる人でないと難しいかもしれません

そこでおススメなのが「WEB業界のプロ」から基礎を学ぶこと。

一度基礎を学んでしまえば、そのあとはずっと正しい知識として身に付きます。

一人でライターを目指すより、ずっと効率的ですよ

また、基盤が整えば、あとは自分で応用をきかせていくこともできますね。

もしも「最短で稼げるライターになりたい」という方は、一度プロからアドバイスを貰うのが◎。

その方法としておススメなのは、WEBスクールの体験を活用することです。

今回ご紹介するSHElikesでは未経験の方が気軽に参加できるように、無料体験レッスンを開催しています。

人気コースを無料で体験でき、最後にカウンセリングタイムが設けられているので、気になることや相談したいことを気軽に聞けますよ。

ここからは、SHElikesについてご紹介いたしますね。

パソコンひとつで自由に働ける自分になるならSHElikes!未経験者向けだから安心


SHELikesのおススメポイント
  • 人気コースを無料で体験できる オンライン・オフラインを選べて◎
  • 27種類のコースから受け放題 気になるものをいくつでも学べる
  • 女性専用スクール 講師も生徒も同性だから安心
  • 未経験から仕事を受けられるレベルまでサポート
  • コミュニティが活発♪仲間と励ましあえるから頑張れる
  • スクール生にもお仕事を斡旋!フリーになるイメージが湧きやすい


SHElikesは、女性専用の未経験者向けWEBスクールです。

WEBデザイン・WEBマーケティング・ライティングなど、PC一つで働けるスキルを学ぶことができます。

WEB業界が未経験の方は「自分になにがあっているかわからないよ…ライティング?デザイン?」と、悩んでしまう方は少なくありません

ですが、SHElikesのコースは全27種類あり、自分の学びたいものや気になるコースを組み合わせて受講できます

なので最初からジャンルを絞れなくても◎。

実際に体験しながら、自分の適性や続けられそうなものを判断できますよ。

また、SHElikesでは外部から第一線で活躍する講師を呼び、より実践的な情報や講座を配信しています。

情報の変化が早いWEB業界でも、未経験の方がしっかりと新しい知識やスキルを習得できる環境が整っているんですよ

SHElikesでは「もくもく会」という、勉強会があります。

わからないことを気軽に講師に相談でき、生徒たちの交流もとても活発。

同じ悩みを抱えていたり、励ましあえたり、そういった仲間に出会えるのもSHElikesの満足度が高い理由ですよ。

ライターになりたい…と思っている方へ


最後までお付き合いいただきありがとうございます。

今回はライターに興味のある方に向けて、仕事内容や用意しておくと良いツール、最短で稼げるライターになる方法などをご紹介いたしました。

ライターのお仕事はパソコン一つで作業ができて、自宅やカフェなど場所にとらわれないで、柔軟な働き方ができます。

とくに、出産・育児などライフワークの変化がある女性にとって、在宅で収入を得られるスキルがあるのはとても心強いです

ただ、新しいことを始めるときは躊躇してしまう方も少なくありません。

大きな目標をひとりで叶えようと思うと、腰が重くなったり不安が大きくなったり…なかなか一歩が踏み出せませんね

「私にもできるのかな…」
「経験したことがないジャンルだから不安…」

という方は、まずは今回ご紹介したSHElikesの無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

体験レッスンを受けたからと入会しないといけないわけではありませんし、運営スタッフからの営業は一切ありません。

ライターのお仕事がどんなものなのか覗いてみたいというのも◎ですよ。

ここで迷っているとタイミングを逃してしまい「あのとき始めていればライターになれていて、もっと自由に働けていたのに…」と後悔してしまうかもしれません。

  • 会社に依存しない働き方をしたい
  • フリーランスになれる仕事をしたい
  • 出産・育児など女性特有のライフワークの変化にも対応できる働き方をしたい
  • 時代の流れ的になにか副業を始めたい…



このなかのどれかひとつでも当てはまる方には、ライターのお仕事が◎。

SHElikesの詳細は↓からチェックできるのでぜひご活用ください♪