豪華なキャスト、先の読めない展開が話題となり、数々のドラマ賞を受賞した「カルテット」

ラブストーリー・サスペンス・コメディなど様々な要素がギュッと詰まったドラマで、会話劇に定評のある脚本家・坂元裕二の魅力たっぷりな作品です。


メインの4人以外にも、実力派の役者が勢ぞろい。

朝ドラ女優で映画賞も多数受賞している安藤サクラが声だけで出演するなど、贅沢なキャスト陣となっています。

吉岡里帆の出世作でもあります。


メインキャスト4人が歌った主題歌も、ヒットしました。

ここでは、「カルテット」のキャストやあらすじをご紹介します。


無料で全話を観る方法もご案内しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

松たか子×満島ひかり×高橋一生×松田龍平…豪華なキャストを紹介

松たか子×満島ひかり×高橋一生×松田龍平…豪華なキャストを紹介
それではまず、キャストからご紹介します!

 カルテット「ドーナツホール」メンバー

巻真紀→早乙女真紀(松たか子)

第1ヴァイオリン奏者。

メンバーのなかで唯一のプロ経験者。

結婚により苗字が「巻」になり、苗字も名前も「まき」というややこしい状況になる。

現在は旧姓に戻っているが、そもそもこの名前にはある秘密があった。

世吹すずめ(満島ひかり)

チェロ奏者。

「みぞみぞする」という独特な表現の口癖を持っている。

どこかつかめない性格で、自分ならではの世界観が強い。

寝ることが好きで、いつでもどこでも睡魔に負けてしまう。

家森諭高(高橋一生)

ヴィオラ奏者。

美容師免許は持っていないが美容院でアルバイトをしており、バイトリーダーにまで上り詰める。

離婚歴があり、実は子持ち。

理屈っぽく細かい性格で、たびたび持論を披露する。

別府司(松田龍平)

第2ヴァイオリン奏者。

ドーナツ販売会社で広報の仕事をこなしている。

大学生のころ、学園祭で見かけた真紀に一目ぼれし、その後もたびたび出くわすようになった。

自身はプロにならなかったが、家族は全員音楽家。

 ライブレストラン・ノクターンの従業員

来杉有朱(吉岡里帆)

アルバイト店員。

元地下アイドルで、たびたびネットで炎上を起こしていた。

会話中、どれだけ柔らかな表情を浮かべても目だけ笑っていない。

谷村大二郎(サンドウィッチマン・富澤たけし)

オーナーシェフ。

かなりの愛妻家で、有朱が大二郎に色仕掛けを使った際もまったくなびかなかった。

おだやか。

谷村多可美(八木亜希子)

大二郎の妻。

ライブ責任者と、ホールを担当している。

笑顔が素敵。

 その他の人々

巻幹生(宮藤官九郎)

真紀の夫。

広告代理店で制作に携わっていたが、結婚後人事部に異動となる。

さらに転勤を命じられたため真紀に黙って退職。その後失踪した。

巻鏡子(もたいまさこ)

幹生の母で、息子が真紀に殺されたと思い込んでいる。

すずめを使って真紀の動向を探る。

ブロガー(安藤サクラ)

すずめのOL時代の同僚。

いじめに加担していたがその後悔い改め、すずめとの思い出をブログに綴っている。

大橋茶馬子(高橋メアリージュン)

諭高の元妻。

スナック勤めで、派手な身なりをしている。

冬でも裸足にサンダル姿で、関西弁を話す強烈なキャラクターの持ち主。

朝木国光(浅野和之)

音楽プロデューサー。

ドーナツホールに仕事を紹介している。

彼らの前では演奏を褒めるが、本当は三流だと思っている。

大菅直木(大倉孝二)

富山県警の刑事。

真紀の消息を追って東京までやって来た。

山本みずえ(坂本美雨)

真紀の母親。

演歌歌手としてCDを出していたがあまりヒットせず。

真紀がたまに口ずさむ歌は、彼女の曲のフレーズ。

大橋絵茉(松本まりか)

真紀不在時のピンチヒッターとして呼ばれた第1ヴァイオリン奏者。

腹式呼吸ではきはきとしゃべる。


弦楽四重奏(カルテット)はまるで人生…?あらすじを紹介

弦楽四重奏(カルテット)はまるで人生…?あらすじを紹介
続いて、あらすじをご紹介します。

各々に弦楽器を楽しんでいた、元プロで主婦をやっている真紀、サラリーマンの司、路上演奏者のすずめ、フリーターの諭高という男女4人。

彼らは、それぞれが練習場所として使っていたカラオケボックスである日偶然出会う。


ソロで活動していた4人だったが、「ドーナツホール」というカルテットを結成することに。

司の祖父が所有する軽井沢の別荘でともに暮らし、人前での演奏を目指して練習に励む生活をスタートさせた。


一見、何の変哲もない男女4人だったが、一緒に生活を重ねるうちに、それぞれの過去や今抱えている問題が徐々に露呈していく。

4人がよく行くレストランでアルバイトをしている有朱が引っ掻き回したり、真紀が真紀でないことが分かったり、警察に追われたり。


恋愛やサスペンスといったそれぞれの感情が渦巻き、ぶつかり合うなかで生まれた彼らの将来は…?

「カルテット」は、大人の男女4人が織りなす不思議な物語。

偏屈な諭高が繰り出す持論の数々や、独特な世界観を持つすずめの価値観など、くすっと笑えるコメディの要素もありますよ。


「カルテット」を無料で観る方法

「カルテット」を無料で観る方法
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

「カルテット」のキャストやあらすじをご紹介してきました。


実力派の役者が揃った本作、回を重ねるごとにその世界観にぐいぐいと惹き込まれていきます。

「からあげに勝手にレモンをかける人が許せない」
「レモンかけていい?ってかける前提で言われたら断れないから嫌だ」

など、細かいけれど共感できる言葉もたくさん登場。


現実離れしたシーンと日常的なシーンのバランスが絶妙です。

そんな「カルテット」は、U-NEXTで全話を観ることができます。


U-NEXTは動画や雑誌、本を配信しているサービスで、カルテット以外にも約9万本の動画作品や雑誌を楽しめますよ◎

月額1990円ですが、登録から31日間は無料なので、その間にすべて観てしまえば実質無料です。

ネットを検索すれば無料動画サイトなるものが出てきますが…
それらは違法であることがほとんど。


トラブルに巻き込まれたり、パソコンやスマホがウイルスに感染したりと、危険です。

心置きなく楽しむためにも、正規配信のU-NEXTを使ってくださいね。


じっくりと観たい、ドラマ「カルテット」。

ぜひお楽しみください!




※情報は記事アップ時のものです。
>>おすすめのドラマ・映画一覧へ