学生さん、あるいは今フリーターとして働いている方は、

最近正社員にこだわらない人が増えているけど、フリーターっていい働き方なのかな

まわりは就職しろって言ってくるけど、フリーターにもメリットはあるんじゃない?

と悩まれているかもしれません。


たしかに、色々な働き方が認められるようになったいま、正社員にこだわらない方が自分らしく生きられる気もしますよね。

でも、不安定さや周りからの意見を考えると、やっぱりフリーターはふらふらしているだけなのかな、と思ったり…


実を言うと、フリーターと正社員、どちらの方が幸せになれるのかを判断するのは難しいです。

なぜなら、人の数だけ「大切にしていること」「理想の生き方」が違うから。


でも、「フリーター」のメリットとデメリットを正しく理解することで、どちらの方が自分に合っているのかが分かるようになるんです。

そこで、ここではフリーターについて、詳しく解説していきます。


これを読んだうえで、フリーターとして働くのか、正社員としての就職を目指すのかを考えてみてくださいね。

フリーターがいいか正社員がいいかを相談したり、就職サポートを受けられるおすすめのエージェントもご案内しますので、ぜひ最後までお付き合いください!

フリーターのメリット/デメリットを詳しく解説◎


 フリーターのメリット

  • 週5回未満で働ける
  • 責任が重くないので気楽
  • 色んなお店・会社で働ける
  • 引継ぎが簡単で辞めやすい
  • 仕事によっては時給が高い

 フリーターのデメリット

  • シフトが少なくなると収入が減る
  • 1年後も働けるかは分からない
  • 年金や保険料が全額自己負担
  • スキルアップしにくい
  • ローンやカード、賃貸契約を通過しにくい

こちらは、フリーターのメリットとデメリットを挙げたもの。

詳しくご紹介します!

フリーターの1番のメリットは自由度が高いこと!

フリーターの1番のメリットは自由度が高いこと!

フリーターのメリットは、なんといっても自由度が高いこと。


原則週に5日間×8時間働かないといけない正社員と違って、週に1回×3時間でもいいですし、2週間以上の長期休みを取ってもOK

何にも縛られずに、自由に働くことができます。


居酒屋×事務、カフェ×雑貨店、のように1つに絞らずに複数のお仕事ができるのもいいところですね。

また、社員のように責任のある仕事を任せられることがほぼないので、気楽に働けます。


とりあえず社会に出てみたい、色んな仕事を経験してみたい、という方に合っている働き方です。

あるいは、結婚相手や親の扶養に入っているため「月に〇万円までの収入に押さえたい」といった具体的な制限がある方も、フリーターの方が働きやすいですね。

フリーターのデメリットは安定・将来性に欠けること

フリーターのデメリットは安定・将来性に欠けること

自由度の高いフリーターですが、その分デメリットも多くあります。


こちらである程度働く時間を指定できる反面、思ったようにシフトに入れないことも多々。

「今月はたくさん働いて稼ぐぞ!」と思っていても、希望通りのシフトになる保証はありません。


シフトはその月のバイトの人数や人件費に基づいて決められるため、「今月は週1日しか入れない」ということにもなり得るんです。

それでも文句を言えないのが、アルバイト。

思うように稼げないこともたくさんあります。


また、雇用は正社員から守られていくもの。

会社・お店の業績が悪化したとき、真っ先にクビになってしまうのはアルバイトだということも理解しておかなければなりません。


その他、

  • 正社員に適用される社会保険が対象外のため、年金や保険料が全額自己負担となり、出費が増えてしまう
  • 責任ある仕事を任せてもらえないため、スキルアップがしにくい
  • 収入が不安定なため、賃貸契約やカード審査に落ちやすい

といったデメリットもあります。



働き方の自由度が高いということは、「会社・お店側の自由度」も高いということ。

よくよく考えなければなりません。

フリーターよりも正社員が良さそうだけど、ハードルが高い…という方へ

フリーターよりも正社員が良さそうだけど、ハードルが高い…という方へ

フリーターのメリット・デメリットをご紹介してきました。


ここまで読まれた方のなかには、もしかすると

メリットとデメリットを天秤にかけたら、自分はフリーターより正社員がいいかも。
でも、正社員になるのって、ハードルが高そう…

と思われている方もいらっしゃるかもしれません。


その心配は「未経験者向けの転職エージェント」を使うことで解消されます!

冒頭で少し触れましたが、転職エージェントとは、「仕事を紹介してくれる会社」のこと。


どういうところなのか、当サイトの東京・新宿転職エージェントランキングで1位になったパスキャリを例に、流れをご紹介しますね。

  1. ①カウンセリング(面談)で自分の希望を伝えて適性チェック

    アドバイザーと呼ばれるスタッフと話し、自分の希望を伝えます。

    どんな仕事に向いているのか分からない…という方は、その旨を伝えれば、アドバイザーが適性をチェックしてくれますよ◎

  2. ②自分に合った会社を紹介してもらう

    カウンセリングをもとに、自分の希望や適性に合った会社を紹介してもらいます
    もしも「何か違うな…」と思ったら、アドバイザーに伝えてOK。

    本気で惹かれる会社に出合えるまで、何度も紹介してもらえますよ。

  3. ③履歴書の添削や面接練習といったサポートを受ける

    求人に応募する会社が決まったら、さっそく対策!

    履歴書の書き方をみてもらったり、面接練習をしたりして、本番に備えます。

  4. ④いよいよ面接本番!アドバイザーと一緒に会場へ

    対策を万全にしたら、いよいよ面接本番。
    当日は、担当アドバイザーも同行してくれるので安心です。

    緊張して言葉につまってしまっても、しっかりフォローしてくれますよ。

  5. ⑤内定!

    内定の連絡をもらったら、受諾するかどうかを決めます。
    また、内定を受け入れたら入社後の手続きへ。

    入社日の調整もすべてアドバイザーがしてくれるので、とっても楽です♪

このように、転職サイトや求人サイトとは違い、転職エージェントでは履歴書の書き方や面接への対策もしてくれます。


正直なところ、そのサービスの濃度や質はエージェントによって差がありますが、パスキャリのように「未経験者のために」やっているエージェントでは、手取り足取りサポートしてくれますよ◎


「どんな仕事に向いているのか分からない」「アルバイト以外したことないから不安」「正社員って責任が重くて怖い…」
という方は、まずは相談するだけでもOK


カウンセリングから内定・入社まで、一切費用はかかりません

使って損はないですよ◎




※パスキャリは関東中心なので、それ以外の地域でお探しの方は全国版エージェントもご参考ください!

自由度の高い正社員案件も◎まずは相談してみましょう!

自由度の高い正社員案件も◎まずは相談してみましょう!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

フリーターのメリット・デメリットや、今から正社員を目指すのにおすすめな転職エージェントをご紹介してきました。


一概に、「フリーターはダメ」「絶対正社員がいい」とは言えないものの、いろんな要素から考えると、やはりおすすめなのは正社員。


最近では、「休みが取りやすい」「時短勤務ができる」「フレックス制で自由な出勤が可能」という企業も増えています。

フリーター最大のメリットである「自由度の高さ」を得られる正社員の仕事もありますので、「自由がいいからフリーター」と決めつけず、一旦正社員でお仕事を探すのがおすすめです。


とはいえ、今までずっとアルバイトだった方や、正社員という言葉にハードルの高さを感じてしまう方は、なかなか動き出すのがしんどいですよね。

そのお気持ちは当然だと思います。


でも、それで正社員をあきらめるのはもったいないです!

パスキャリのように、「未経験歓迎」「フリーターからの就職を応援」という転職エージェントを使えば、基本的なビジネスマナーや履歴書の書き方、面接の受け答えまで丁寧に教えてくれるので、正社員に近づきやすくなりますよ。


カウンセリングも丁寧で、しっかり話を聞いてくれるので、不安や心配事をその都度クリアにできるのもいいところ。

「自分にはどんな仕事が向いているの?」「こんな会社は嫌だな…」など、何でも相談してOKですよ。


「こんな働き方が理想なんだけど、正社員でも叶えられる?アルバイトじゃないと無理?」といった、そもそもの質問をしても、大丈夫です。

パスキャリ公式サイトへは、以下のボタンから移れますので、ぜひのぞいてみてくださいね♪