大阪を舞台に、腐れ縁コンビがハチャメチャな逃走劇を繰り広げていく、映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」。


原作は直木賞受賞の人気小説で、主演は佐々木蔵之介と横山裕、脇を固めるのも日本映画を代表する重鎮ばかり。

ロケは大阪とマカオで行われ、役者もほとんどが関西人。

会話のテンポや雰囲気を崩さない工夫が満載の作品です。


ここでは、そんな本作のキャストやあらすじをご紹介。

無料で映画を観る方法もご案内しますので、最後までお楽しみください!

佐々木蔵之介・横山裕・北川景子・矢本悠馬・濱田崇裕…豪華関西勢が集結!

佐々木蔵之介・横山裕・北川景子・矢本悠馬・濱田崇裕…豪華関西勢が集結!

キャストは、ほぼ全員が関西人!
ネイティブ関西弁なので「ああこのイントネーションちゃうわ…」というフラストレーションもなく観られますよ!

桑原保彦・・・佐々木蔵之介(京都府出身)

ぱっと見は、シュッとした(スタイリッシュな)サラリーマン。

だが本当はやくざで、カチンとくるとすぐにキレる性分の持ち主。

二宮と組むと、いつも事態があらぬ方向へ転がってしまうため、できれば離れたいと思っているが、なぜか度々タッグを組むことになってしまう。

二宮啓之・・・横山裕(大阪府出身)

のらりくらりと生きてきた、ヘタレで貧乏な建設コンサルタント。

父はやくざだったものの、自身はあくまでもカタギの人間である。

ぐーたらだが、やるときはやる。(しかし詰が甘くいつも窮地に立たされる)

渡辺悠紀・・・北川景子(兵庫県出身)

二宮のいとこで、容姿端麗。

お互いをヤクビョーガミだと言いながらも、いつもつるんでいる二宮と桑原のことを、呆れながらも楽しんでいる。

二宮から好かれていることに気づいてはいるが、「けいちゃんといとこじゃなかったら、出会ってないわ。接点ないもん。」とあっさり言い放つ。

小清水隆夫・・・橋爪功(大阪府出身)

映画プロデューサー。

見た目は、気のいいおっちゃんだが、愛人とずぶずぶ。

出資金を持ち逃げし、大阪北部の茨木市へと逃亡を進める。

玲美・・・橋本マナミ

小清水の愛人。

まわりには義理の娘ということになっているが、バレバレ。

映画の出資金を小清水とともに持ち逃げした。

嶋田勝次・・・國村隼(大阪府出身)

桑原の所属する二蝶会の若頭。

小清水に出資を決める。

木下・・・ 濱田崇裕(兵庫県出身)

桑原の弟分。

さわやかな好青年風で、とてもやくざには見えない。

セツオ・・・矢本悠馬(京都府出身)

桑原の弟分。
笑顔が可愛い。

多田真由美・・・中村ゆり(大阪府出身)

桑原の内縁の妻。

二宮が「ほんまに、あの桑原さんの?」と訊いてしまうほど可憐。

カラオケ店を経営している。

滝沢・・・宇崎竜童(京都府出身)

滝沢組の組長。
物静かがゆえに、すごみがある。

初見・・・木下ほうか(大阪府出身)

桑原と敵対するやくざ組織・滝沢組の一員。

組長の補佐役をしている。

二宮悦子・・・キムラ緑子(兵庫県出身)

二宮の母親。

何があってもどんと構えており、息子のことを心配しながらもいつも味方でいる肝っ玉。


映画の出資話が国を超えての大騒動に…!?あらすじを紹介

映画の出資話が国を超えての大騒動に…!?あらすじを紹介

キャストを見ただけで「面白くないわけがない…」と思ってしまう本作。
続けて、あらすじをご紹介します。

ここは大阪。
ぐーたらで、貧乏な建設コンサルタントの二宮と、やくざの桑原は、以前仕事で知り合ってから、腐れ縁に。

何かとタッグをくむことになっては、ピンチに遭うのを繰り返してきた。


そんな二人が今回巻き込まれたのは、とある映画の出資話。

映画プロデューサーの小清水が持ち込んだ企画を、桑原のいるやくざ「二蝶会」の若頭に紹介したのが、いけなかった…


二蝶会は映画へ出資を決意し、資金を渡すが小清水は、その金を持ったまま姿をくらます。


「義理の娘」だと言っていた、グラマラスな女性・玲美とともに…。

こうなっては、桑原も二宮も黙っていられない。


自分たちの身と誇りと威厳を保つため、小清水探しが始まった。


どうやら彼らは、大阪北部の「茨木市」へ逃げたとの情報が。

同じ府内だからすぐに見つかるだろうと思っていたが、そうは甘くなく、彼らは大阪府、そして海を越えてマカオまで足を延ばし、奮闘する。

小清水を何度か見つけるも、すんでのところで取り逃す桑原たち。


すぐにキレる性分の桑原は、二宮を引き連れてとんでもない行動を取り始め…


組を巻き込んだ大騒動は、やがてなぜか桑原と二宮が「追われる側」になり、発展していく。

互いをヤクビョーガミと呼びながらも、離れられない二人の運命はどうなる!?


そして、タイトルにある「破門」とは何を意味するのか…!?


「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観るならU-NEXTがお得!実質0円で31日間楽しめる

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観るならU-NEXTがお得!実質0円で31日間楽しめる

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のキャストやあらすじをご紹介してきました。


舞台が大阪で、役者も関西弁もネイティブ。

よくある「ああこの関西弁、下手」「そんなイントネーションではしゃべらへん!」というフラストレーションを一切感じずに、ただただ楽しむことができる映画です。


そんな「破門 ふたりのヤクビョーガミ」は、U-NEXTで観ることができます。

U-NEXTとはU-NEXTは、13万本以上の映像作品を楽しめるサービス。


月額1990円ですが、はじめの31日は無料なので、この期間のうちに観終えてしまえば実質0円で楽しめます。

気に入ればそのまま契約を続行しても◎


佐々木蔵之介の関西弁が光る「嘘八百」、北川景子の活躍が目覚ましい「家売るオンナ」シリーズ、矢本悠馬のキャラクターが際立つ「べしゃり暮らし」など、いろんな作品が配信されていますよ。


「ネットで検索したら、無料動画サイトにアップされているのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのほとんどは違法


面倒なトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

心置きなく楽しむためにも、正規配信のU-NEXTを使ってくださいね。


ふたりのヤクビョーガミは、どうなるのか。ぜひお楽しみに!!



※情報は記事アップ時のものです。
>>おすすめのドラマ・映画一覧へ
※画像引用:公式サイト&SNS